デジタル地方創生記『くじラボ!』

    記事一覧

    【第7回】 J昇格に沸くFC今治がサッカーと同じくらい力を入れる意外な取り組みとは? 愛媛県今治市(前編)

    今回は、愛媛県今治市にFC今治(株式会社今治.夢スポーツ)様を訪ね、経営企画室長の中島啓太(なかじま けいた)様と、しまなみ野外学校エデュケーションプロデューサーの木名瀬裕(きなせ ひろし)様にお話を伺いました。

    公開日:2020年1月7日

    • 記事を読む

    【第6回】 地方創生における企業の力と「地方色」の意味について 指出編集長対談(後編)

    前回に引き続き、特別編としてソトコトの指出一正編集長との対談をお届けします。

    公開日:2019年12月12日

    • 記事を読む

    【第5回】 1980年代、高崎。「BOØWY的価値観とマガジンハウス的価値観」の併存 指出編集長対談(前編)

    今回は、特別編としてソトコトの指出一正編集長との対談をお届けします。

    公開日:2019年12月5日

    • 記事を読む

    【第4回】 「いわきの海の、これから」 福島県いわき市が見据える未来(後編)

    【第3回】「湯本は元気」伝えたくて「フラ女将」立ち上げに奔走した人たち 福島県いわき湯本(前編) に引き続き、「面白企画創造集団・トコナツ歩兵団」の渡部祐介さんにお話を伺います。また、後編では新たに福島県いわき市総合政策部 創生推進課の松本雄二郎課長にもご参加頂き、行政から見た福島いわきの未来についてお聞きしました。

    公開日:2019年11月19日

    • 記事を読む

    【第3回】 「湯本は元気」伝えたくて「フラ女将」立ち上げに奔走した人たち 福島県・いわき湯本(前編)

    福島県いわき市の中央に位置する「いわき湯本温泉」。かつて炭鉱で栄え、温泉街をはじめとする市内の観光地は大きな賑わいをみせていた。しかし、石炭産業の衰退に加え、2011年3月の福島第一原発事故に起因する風評被害により、観光客は激減した。

    公開日:2019年10月7日

    • 記事を読む

    【第2回】 「産業としての漁業は、敗北したのか」三重県尾鷲市 ー「株式会社ゲイト」

    第1回「海のバランスシートを作りたい」三重県尾鷲市で水産資源の可視化に挑む居酒屋社長(上)に引き続き、三重県尾鷲市と熊野市で定置網漁業を営む株式会社ゲイト 五月女(そうとめ)社長。五月女さんは、都内で「くろきん」「かざくら」など9店舗の居酒屋を営む中で、日本の漁業の危機的な実態を知り、法人としての漁業参入を決断したとのこと。さらに、漁業の方法も昔ながらの手法だけに頼るのではなく、いち早く ITを取り入れ「スマート漁業」を率先して行っています。

    公開日:2019年9月20日

    • 記事を読む

    【第1回】 「海のバランスシートを作りたい」三重県尾鷲市 ー「株式会社ゲイト」

    第1回は、三重県尾鷲市で定置網漁業に挑む東京の居酒屋チェーン 株式会社ゲイト様の挑戦に迫ります。株式会社ゲイトの五月女(そうとめ)圭一社長は、都内で「くろきん」「かざくら」など9店舗の居酒屋を営む中で、日本の漁業の危機的な実態を知り、法人としての漁業参入を決断したとのこと。どのような課題や苦労があるのでしょうか。

    公開日:2019年9月6日

    • 記事を読む