デジタル地方創生記『くじラボ!』

    記事一覧

    【第20回】記憶の継承を担う「永遠の図書室」 歴史と空間を編集するリノベーションとは 千葉県館山市(後編)

    お話を伺ったのは、前回に引き続き、千葉県館山市で「原状復帰義務なし」のユニークな賃貸住宅「ミナトバラックス」や、診療所をリノベーションしたホステル「tu.ne.Hostel(ツネホステル)」、そして戦争関連の貴重な手記や書籍を所蔵するコミュニティスペース「永遠の図書室」を経営する漆原秀(うるしばら しげる)さん。(本記事の取材日は2020年11月18日です。)そして、漆原さんと共に「永遠の図書室」の実現に尽力された藤本真佐(ふじもと しんすけ)さんにもお話を伺いしました。後編です。

    公開日:2020年12月4日

    • 記事を読む

    【第19回】公務員宿舎、診療所、飲食店をリノベし地域の結束点創出に挑む元IT起業家 千葉県館山市(前編)

    今回取材したのは、千葉県館山市で「原状復帰義務なし」のユニークな賃貸住宅「ミナトバラックス」や、診療所をリノベーションしたホステル「tu.ne.Hostel(ツネホステル)」を経営する漆原秀(うるしばら しげる)さんです。

    公開日:2020年12月4日

    • 記事を読む

    【第18回】商売敵がタッグ!アナログ若旦那4人衆の旅館デジタル変革挑戦 山口県<後編>

    前編に引き続き、山口県をこよなく愛する4名の若き旅館経営者にお話を伺いします。後編では、様々な業種で活用がすすむDXの導入について、それぞれの旅館が取り組むDXへの考えや取り組みについて迫ります。

    公開日:2020年11月26日

    • 記事を読む

    【第17回】商売敵がタッグ!アナログ若旦那4人衆の旅館デジタル変革挑戦 山口県<前編>

    「コロナで瀕死の旅館のアナログ若旦那4人、ITに挑戦。背水の陣!」という刺激的なプレスリリースを私が見たのは、9月半ば(リリース自体は6月23日)のことでした。

    公開日:2020年11月25日

    • 記事を読む

    【第16回】歴史・文化・人・技術の響和が生み出す唯一無二の輝き 新潟県・燕市

    今回は、鎚起銅器の老舗である新潟県燕市の玉川堂(ぎょくせんどう)の玉川基行(たまがわ もとゆき)社長に、オンラインでお話を伺いました。(新型コロナ肺炎拡大阻止の観点から、本社のある新潟県燕市は訪問していません。)

    公開日:2020年10月12日

    • 記事を読む

    【第15回】郷土の自然と伝統を礎に世界へつなぐ「不易流行」の精神 佐賀県・小城市

    今回は連載再開第2弾として、天山酒造株式会社の七田謙介(しちだ けんすけ)社長に、上京中の合間を縫ってお話を伺いました。(佐賀県小城市は訪問していません。)前回に引き続き、コロナ禍の苦境に立たされる酒造メーカーの現状に迫ります。

    公開日:2020年8月24日

    • 記事を読む

    【第14回】 「いってこい」の精神でコロナの逆風に挑む若き酒蔵経営者 岐阜県・飛騨高山

    今回は連載再開第1弾として、岐阜県飛騨高山で酒造業を営む舩坂酒造店の有巣 弘城(ありす ひろき)社長にビデオ会議でお話を伺いました。

    公開日:2020年8月5日

    • 記事を読む

    【第13回】公共交通情報オープンデータ化の知られざる先駆者、永井運輸の奮闘 群馬県前橋市

    今回は群馬県前橋市で、トラック輸送を主体にタクシー事業、観光バス事業、乗合バス事業、不動産事業などを営む永井運輸株式会社様にお話を伺いました。

    公開日:2020年5月11日

    • 記事を読む

    【第12回】世界的品評会で頂点に!ソフトウェア会社社長の手がける日本酒とは 高知県土佐酒造(後編)

    前回に引き続き、日本酒「桂月」で知られる土佐酒造株式会社様を高知県土佐郡土佐町にお訪ねし、代表取締役である松本宗己(まつもと むねき)さんにお話を伺いました。

    公開日:2020年3月16日

    • 記事を読む